忍者ブログ
GENKOTU-DAN OFFICIAL SITE
~稽古場覗き穴~ 
げんこつ団HP内“稽古場覗き穴”の団長ページ
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c76e13ba.jpeg

私は健康です。

風邪をひいてもすぐ治ります。
怪我や火傷もすぐ治ります。

救急車に乗ったのも2回だけです。
1回目は、バイクで転んで一瞬気を失っていた間に呼ばれてしまったもので、
実際の怪我は、絆創膏1枚で済むものでした。

しかしそんな私ですが、ただ1つだけ、やっかいなものを抱えています。
それは石。いわゆる腎臓結石。

仕事柄、バランスの取れた食事を心がけ
毎日限りない運動量をこなしている家族達も、全員石をやっています。
つまりこれは家系なのかもしれません。いやな家系。石家系。

さて、過去に救急車に乗った2回目は、石でのこと。

早朝に背中に猛烈な痛みを感じ、ようやく歩けるようになった昼間に、病院へ。
「石だと思う」と医者に告げるも「何の異常もない」と言われて、帰宅。
しかし背中とお腹がちぎれるような痛みは続き、結局夜中に、救急車。

「石じゃないとしたらこの痛みは只事ではない、
 何かとんでもない病気だったらどうしよう…」
搬送先の病院で一晩思い悩まされるも、
翌朝の診断の結果、結局、石。石じゃねーか。

ざーけるな、最初の医者。
おかげで24時間、あの痛みと付きあった。

石の痛みは、物凄いです。もともと痛みに鈍感な私でも、相当に痛いです。
でももともと痛みに鈍感なせいか、時に平ちゃらにも見えるかもしれません。
もしかしたら最初の医者の誤診は、そのせいだったのかもしれません。
そしたら素直に、すんません。

冷静に、「物凄く痛いのです。」と言っても、
物凄い痛みは、伝わらないのです。
冷静に、「ちぎれるようです。」と言っても、
ちぎれているとは、思われないのです。

覚えておきましょう。練習しましょう。
痛い時は、痛いー!と叫ぶのです。痛いー!
はい、リピートアフターミー。

さて。なんで今そんなことを思い出しているのかというと…。

今。たった今。なんとな~く危うい感覚を、感じているからです。
痛みにまではなっていないものの、背中にほのか~に、予兆を感じているからです。

原因になりそうなものはなるべく食べず、毎日沢山の水を飲み、
一応、対策はしているのに。なのに。なのになんでまた。。。。

…来る。…来ない。…来る。…来ない。

不気味な感覚が、押しては引く波のように背中を襲う。

来る時、あれはドカーン!と来る。来ちゃったら、もう、笑うしかない。

結局のところ石の場合、病院に行ったからってどうなるもんでもない。
強めの痛み止めがもらえるだけ。ただそれだけ。ただそれだけかよ。

だから石なんかで病院代出したくない。
だから今回、もしも来ちゃったら耐えよう。
ただ痛いだけなら、ただ耐えればいい。
柔軟運動で石の進路をコントロールしながら、耐える覚悟を固めます。

っつーかもう。なんというか。正直なところ。

痛いのもやだけどそれよりなにより、痛い間なにも出来ないのがいやだよ~。
めんどくさいよ~。つかれるよ~。うっとうしいよ~。ぎゃ~。

あーもう。どっかいっちゃえ、石。ばーか。でべそ。うんこ。ちりちり。



私は健康です。石さえなけりゃ。



ああ、……なむさん。
PR
STAGE
最新のツブヤキ
■カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ブログ内検索
■バーコード
忍者ブログ [PR]