忍者ブログ
GENKOTU-DAN OFFICIAL SITE
~稽古場覗き穴~ 
げんこつ団HP内“稽古場覗き穴”の団長ページ
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、ちょっと意識的にテレビをよく見るようにしている。見たくないものも含めて、見るようにしている。
イライラしたり吐き気がしても、見るようにしている。まったく深い意味はない。
ただ、無意味によくそういう事をする。

あまり好きではないジャンルの映画を意識的に沢山見たり、
まったく興味のないスポーツ番組をよく見るようにしたり、
ぜんぜん面白いと思えない本や漫画を読んでみたり、
嫌いなものを敢えて食べたり、嫌いなところに足を突っ込んだり。
なにかにつけ、そういった事をしてみる。そこから得られるものは、えーっと、別にない。
ただ、意味のあるなしに関係なく、そうして、○○週間、○○月間、みたいなものを、
自分の中で勝手に設定してみるのが好きだ。

そういう感じでテレビを見ていると、今の番組の向こうに、ふと、
「祖父母と孫」、の姿が、ほんのりと浮かんできた。
孫の活躍を喜ぶ祖父母のような優しさ、孫と共に安心して見られるような雰囲気、
孫の喜ぶもの、孫の喜びそうなもの、そんな孫の喜ぶ姿をみて微笑ましく思うであろう祖父母、
なんか、そんなものが頭に浮かんできた。
もちろん色々なもんがあるがすごく乱暴に分類して、全体的にはそんな風景が頭に浮かんできた。

なんか昔に比べて、若者や働き盛りが抜け落ちている。
そこらの世代はテレビなんかにかまけていられないか、
興味を失っているところがあるのかもしれない。
まあ事実自分もそうだし。いや自分の場合もともとテレビっ子ではなかったけど。
若者に人気と言ってもホントに人気な感じもしない、或いは、数的に若者という世代が弱い。

確実なターゲットとしてそこを狙わざるを得ないのか、
或いは、作る側を主導する世代にめでたくも孫が出来始めたか。
もしくは、若者の総孫化、中年以降の総祖父母化が、進んでいるのか。
そういう事なのかもしれないな。
まあ、どうでもいいけど。

もしも、嗜好する娯楽の質が実年齢より低下したとしても、
孫と分類される年齢が徐々にもっと上がったとしても、
実際には“孫”の数は減り、“祖父母”の数を大幅に下回る。
孫ってもんは本当は、人をぶっ叩いたり、人を蹴っ飛ばしたり、
人が本気で驚いたり怖がったり、するのが好きだろう。
或いは、○んこ、とか、○んこ、とか、○んこ、とかが好きだろう。
でも孫の支持は数的に大きな支持にはならないから、
これで喜んで欲しい、このくらいで喜んでおいて欲しい、
そういった祖父母の感覚がそこに影響を及ぼす。
孫化した、実年齢0歳~20代、いや30代に、
それは知らぬ間に、フラストレーションを与えるかもしれない。
まあ、どうでもいいんだけど。

総祖父母化した年齢層が自分達が本当に楽しめるものを作るか、
総孫化した年齢層のフラストレーションがそこに爆発するのか、
或いは両方がテレビという媒体から離れ、更に興味が失われていくのか、
もしくはなんとなくのもので保たれ続けていくのか。
どうあったとしても、細分化されてはいくんだろうなと思う。
まあ、ほんとーにどうでもいいんだけど。

自分の事を言えば、テレビの中に、自分が面白いと思えるものがなかったわけで。
子供の頃からそうだったから、もともと興味がなかったわけで。
だから、細分化されようが消えようがなくなろうが、どうでもいい。

ただ、嗜好が更に細分化されていく事で、もっともっと、
放送というものに限定せずとも、マニアックなものが増えるといい。
マニアックという言葉も廃れるほど、それがもっと当たり前になるといい。
カルチャーにメインもサブもなくなっていくといい。
まあそうなりつつあるか。
ただ、もっともっとぐちゃぐちゃになっていくといい。
そして、大きなものはもっと解体され、小さなものがもっと乱立するといい。
しかしそれには景気の回復が必要かもしれない。
解体されっぱなしで何も芽吹けない土壌は、
例えば外国人労働者などのパワーに奪われてしまうかもしれない。
久々にテレビをつけたらインドのお笑いしかやってないかもしれない。

どーでもいいながらも、それはちょっとイヤかもしれないので、
いや、ちょっと、つうかかなり、楽しいかもしれないけど…、でもまあやっぱちょっとイヤなので、
早く景気が回復しねえかなあと、思う。
でも、どこまでが回復なのか分からんし、
自分は景気回復に対しては、なーーんにもできないので。
やっぱ、どうでもいいや、と思う。

自分自身や生活は、人間として社会に生きている以上、その流れやその動向に影響を受ける。
ただ、自分自身の作るものや、作る姿勢は、根本的には、動かない。
ネタにしベースにしているのは、今の此処にある「社会」や「人間」だけど、
それは、今そこに居る「人」に見せるのだから、自分にとって、当たり前の事だ。
それを変える事は、ないと思う。
そして、「今」を共に生きている「人間」に、ブハッ!っという瞬間を与えたい、
ただそれだけが、どうでもいい事ではない事、だ。
馬鹿馬鹿しい、くだらねえ、びっくりした、そうきたか、だから何だ、
出て来る言葉は、どうでもいい。
ただただ、ブハッとする瞬間を生み出せたらいい。
それだけが、どうでもよくない事、だ。

気候が涼しくなった。
いつも携帯で書いているのが、今日はたまたまパソコンだった。
だから、長くなっちゃった・・・・。わははは。

結局、最後の一文以外、どーでもいー事でした。


さて。今読み返してみたら、本当に、どうでもよかった…。
こんなにもどうでもいい事を、こんなにも長く書けた事に、びっくりした。
いくら気候が涼しくなったとはいえ、何やってんだ、自分。。。。
…ああ、これが、秋、ってもんなのかな? え? 何言ってんだ、自分。
まあ、以後こういった事がないように、気をつけます。


ほいじゃ。
 

PR
STAGE
最新のツブヤキ
■カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ブログ内検索
■バーコード
忍者ブログ [PR]