忍者ブログ
GENKOTU-DAN OFFICIAL SITE
~稽古場覗き穴~ 
げんこつ団HP内“稽古場覗き穴”の団長ページ
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

公演が終わり、とりあえず色々と映画を観てみたりしています。
そこで思ったこと。

良い作品や面白いと感じた作品ほど、「でもこうだよね」という気になる点を見つけ出し、
そこばかりをクローズアップさせたくなってしまう自分が居る事。

映画にしろ演劇にしろ、美術にしろ音楽にしろ、ありとあらゆる何にしろ、
10人の内9人が面白く素晴らしいと思った所とは違う、
或いは頭の中の10中9個、素晴らしく良いなと感じた所とは違う、
たった1個の事が、気になる自分。
「…でもさ、これってこうじゃない?」「…でもさ、これって変じゃない?」と、
敢えて言いたくなる自分、性格悪し。

作り手側はその点は、どうでもいいか、
或いは敢えてその手段を取っているかもしれないのに、
そこを執拗に、しかも意味なく、ツツこうとするとは何事か。
たとえ10中9,9999個良い作品であっても、残りの0,0001の、
「でもさ、これってこうじゃない…?」を、何とかかんとか見つけようとする自分、
それを頭の中でドンドン膨らましてみる自分、性格悪し。

つまり、こいつは作り手の敵だ。
作り手側から見たら、相当にムカつく奴だ。
単なるオチョクリか、単なる調子に乗った奴だ。
うーん。ムカムカしてきた。うーん。死んでしまえ。

だから私は、映画評論家にはなれないし、いやならないけど、
あと、劇評みたいなことも、絶対に、出来ない。してはいけない。
つうかやっぱり、こんな奴は嫌だ。嫌いだ。死んでしまえ。

逆に、仮に物凄く散々な作品に出会った時には、
10中9個の散々よりも、残りの1個の部分を大々的に賛美するだろう。
あてにならない、信用できない。やっぱりムカつく奴だ。死んでしまえ。

…という事で、
これは、自分の「してはいけない事リスト」に、ちゃんと載せておかなくてはならないようです。
でないと、自分で自分を殺さねばならなくなってしまうようです。

絶対に、してはいけない、してはいけない。はい、忘れずにしっかりと覚えておきましょう。

ちなみに他の、「してはいけない事」には、
重要な場に一人で出向いてはいけない事、などがあります。
知らない内に意味のない嘘八百を、吐いてしまう可能性があるからです。

それはなんとかしなさい。
PR
<< 再会。 HOME 英気。 >>
STAGE
最新のツブヤキ
■カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ブログ内検索
■バーコード
忍者ブログ [PR]